Line
No.51 フォルカー
main_img
age:23
sex:♂
height:182cm
weight:89kg
Trend:理由があれば
Favorite:音楽、暖かい場所
Hate:宗教、迫害
Comment
"ブレーメン"をもう一度
【Battle_Log】
Line

「おかえり!フォルカー!はい、楽譜!」


「待ちくたびれたよ、フォルカー兄さん」


「手を掴めるかい?フォルカー」


「ああ、ただいま。――演奏会を始めよう」




"壊れた"『異説・ブレーメンの音楽隊』は猫の自殺をもって消滅した。

だが、きっとここでの思い出と決意が猫を辿って、物語は再生するだろう。

あぁ、何処かで音楽が聞こえるだろう。楽しい楽しい音楽隊による音色が。

『異説・ブレーメンの音楽隊』




【Prof】
現代服を纏った黒毛の猫獣人。
バタフライナイフと小型の拳銃を装備している。

追記
物語「異説・ブレーメンの音楽隊」の"猫"。生物ではなく概念存在。
元ストリートチルドレン 現演奏家。
ロバの獣人に拾われ、その後二人の獣人も迎え"家族"となる。
しかし、読み手の"悪意"により物語が崩壊。
異種族を根絶やしにする宗教が混じり、魔女裁判もどきの事が行われ
フォルカー以外の音楽隊は殺され消滅した。
その後、フェルカー本人はドス黒い感情に覆われ、物語から行方不明となる。

服装は自身の身分を隠すため。
【秘匿情報】

秘匿1
条件

誰かと交流をするorキル数が1を超える


Secret1

猫はかつて大多数による迫害を受けました。
異種族である』という理由だけです。
次第にその迫害はエスカレートし、
最後には亜種魔女裁判とも言える凄まじい惨状になりました。
そこで、猫は仲間を失ったのです。




秘匿2
条件

花束を作製するorキル数が3を超えるor
ロールで公開する


Secret2

猫は孤児で古臭い路地で生きていました。
そんな中、猫は家族を得ました。
拾ってくれたロバのおじさん、
そして後に義理の弟妹となるイヌと鶏です。
猫は沢山知りました。演奏を学びました。
猫は彼らと一緒にいて幸せでした。
後に、彼ら家族は住んでいた街の名になぞられ、
演奏家「ブレーメン」として知られるようになったのです




秘匿3
条件

flowerが0の状態で死亡or花束で脱出or
最後まで生存orロールで公開する


Secret3

猫は生きていません。
猫は知っています、猫は物語の住人であると。
猫は気付いています。
自らが壊れた『異説・ブレーメンの音楽隊』の最後の生き残りであると
猫は認めたくない。何度奪って殺しても心が満たされないことを
猫は知っています。
……己が消滅すれば壊れた『異説・ブレーメンの音楽隊』も消滅することを





【ロール・PL情報】
基本的にオールフリーとなります。
スクショ、ログの公開もフリーです。


結末によるマルチEND有〼