Line
No.260 エンジェ
main_img
age:12
sex:Female
height:142cm
weight:???kg
Trend:攻撃してくるなら
Favorite:大好きな友達
Hate:友達の悲しい顔
Comment
何度でも言うわよ。ずっと側にいるわ、大好き!ずっと一緒にいるからね!
【Battle_Log】
Line














堕ちた天使、或いは囚われた天使。

悪と戦い為す術無く倒され、取り込まれ悪に堕ちた少女。自由を取り戻す事を願い、この地へ飛び込んだ。

しかし彼女は覚えていない、その手の銃も衣服も、悪によって与えられた物である事を。

しかし彼女は覚えていない、己の居た天の国などとうに悪により飲み込まれてしまった事を。









重火器3丁と多少の食料、薬品を入手。最低限の準備はこれで出来ただろう。
後は余剰装備を鍛えつつ、花探しだろうか。




見た目はマスケットだが対戦車ライフルで固めた重装備。もうこれでいいか。
食料もある程度安定して集まったのでこれ以上は不要だろう。
最初に所持していた願いなど、とうにどこかに消えてしまったが……。
まあ観光なり何なりで楽しんで帰ればそれでいいか。
幸い花びらも集めて脱出用らしいブーケは完成した訳だし。




もし今後花を見つけたりして、欲しがる相手が居ればあげるのも良いかもしれない。
余剰分を忘れないように記しておこう。




寝て起きたら襲われていた、何を言っているか分からないと思うが私にもよく分からない。
取りあえず手持ちの弾丸を叩き込んだら沈黙したけど、一回死んだ位じゃ死なないのかしらここ。
いや、本格的に何言ってるか分かんないけど。




取りあえずケガしたままなのはまずいから廃墟を回って薬集め。
それなりに回復薬っぽいのも集まったし……後は、どうしようかしら。




訳がわかんない。星を落とそうとしてる奴ら、宣言して死にに行くようなものじゃない。
殺されると分かってるのに、何でそんな事してるんだろう。
生きてるくせに、自由なくせに。好き勝手に出来るくせにそんな事して。
それに比べて私は……私は?私はどうしたんだっけ。
私は生きてるし、適当にふらふら遊んでるだけ……よね?




山ー!?




つまるところこの武装は攻めてくる相手を待ち構えて撃ち殺すのは得意でも。
逃げる相手を撃つのには相当不向きなわけで。
詠唱してる奴を何度か撃ってみたが当たりもせずに逃げられる。
と言うか山にすら当たらない銃撃ってどうよって話よね。
星落とし、もう見物してる事にするわ。
邪魔はもうしないけど……仕掛けてきたら反撃くらいはするわよ。




ええ、邪魔はしないわ。邪魔はしない。でも、手助けしないとは言ってないわよね。
破滅主義者に流されるつもりはないし、適当に薬でも集めてみようかしら。
ヒーロー……ヒロインかしら?そんな物になるつもりはないんだけどね。
取りあえず困ってるのが目の前で助け求めてたら、助けたくなるじゃない?




ええ……あれだけ凄い感じだったのに最後に残ったの……ええ……。
やっぱりシリアスの後に来るのって反動で緩んだ結果って事?




ところでブーケ使って逃げたあの人一派と戦ってたっぽい赤目のお姉さん。
アイテム探しの途中に一回殴られてたんだけど誤射ったのかしら、わざとかしら。
いやまあメテオとか降ってる中で延々飛び回ってた私も悪いんだけどさあ。
撃つだけ撃ってすぐ逃げられたらちょっと腹立たしいわよね。




呪詛られた悪夢で起きた。いや、喰らった事も喰らう理由もないんだけど。
それはさておき、この舞台の果てに迫りつつある星は煌々と。
ああいう願いを叶えるのなら放って置くのが一番だと思った。
でも、それを止めようとしている奴が一人。
知らない顔なら放置した、馬鹿ねと嗤ってやったと思う。
でもその子は私に花びらをくれた、探しても見つからなかった最後の一つの花をくれた。
解毒薬なんかで取引したけど、まあ、借りが多いと思っちゃったわけで。




だから、その、なんだ。星を呼んだあの人の夢を踏みにじる事に手を貸した、
そんな事になるかもしれないけれど。
一回だけ、あの子に、力を貸す事にした。




変なの、まるで人間みたい。




ホントに、自分でも訳がわかんない。わかんないけどさ。
こう言うの、トモダチっていうのかしらね。




トモダチを殺した?そうね、死地に向かわせたかもね。
トモダチを見殺した?そうね、一緒には行かなかったわね。
知った事か。私をトモダチと言ってくれた相手の願いを叶えたかった。
自分の願いなんてとうに忘れた今の私の願いがそれだ。
結局は自分のエゴのため?知るか。それの何が悪い。




正しいとか間違いとか知るもんか。
ただ私はアンタの事を忘れない。絶対に。




いや、待って、ちょっと待って落ち着こう。すーはーすーはー。
嬉しいけどさ、正直かなり嬉しいけどさぁ!?
私もの凄い恥ずかしくない!?さっきまでのやりとりとかこの日記の文面とかさあ!
ちょっと!ねえ!?うーわーあーあーあーあーあー!(転げ回る音




こっ恥ずかしいからしばらく記録停止!(プツン)
















目標が出来たもの。目標はかなえてこそ、よね?








何だろう、自分が凄いポンコツ化した気がする……。
えっちぃ本に2回も当たるって……そんなの……うわ、すご……。
……ベ、別にトモダチ同士ならこれくらいは、平気、よね……?(ごそごそ








初めて知ったわ。好きな相手が喜ぶと、こんな気持ちになれるのね。
これが幸せ、って言う奴なのかしら。それとも愛情?歓喜?
まあ、どれでも良い事に変わりはないわよね!




島を出る前に金塊とか銀塊とか拾っていくのもアリかしら。
ラプターも売ればいい財産になるわよね!(待




あと1日ほどが島にいられる猶予時間らしい。
だったら大丈夫ね、二人でのんびり船まで行きましょ。

落ちてきそうな星には、気をつけなきゃいけないけどね。








名前を呼んで、名前を呼ばれて。ああ、なんて幸せ!





ずっといっしょ:ベアティ。何度だって名前を呼ぶわ、約束よ!




PL:やりとり公開やらロールやらえろぐろやらご自由にどうぞですが無面識でのえちぃのは流す(決意
面識出来たらご自由に。




































可能性は分岐した。並行存在は独立した。少女は繰り糸の軛から抜け出した。
此の少女は最早元の場所へは帰れぬが……忘れ去った願いを叶えた。
その手に自由を得た。その身は自由となった。
ならば繰り手は鑑賞するのみ、少女の行く先を、未知を楽しむ事としよう。
……ちょっと糖度高めなので、甘くない飲み物でも用意しようか。

さて「天使」の役目を外れた彼女はどうなるか?
うん、多分相手に合わせるんじゃないかな。
相手と同じように歳を重ねて、同じように老いて。
同じ日に眠る様に逝くんだと思うよ?
だってほら、寿命を何も定めてなかったんだからさ。
自分が望むとおりになるんじゃないかな。

子供だってもしかしたら同性同士でも出来るかもね。あはは。