Line
No.215 カタリ
main_img
age:????
sex:????
height:赤子ほど
weight:赤子ほど
Trend:理由があれば
Favorite:苦しんでるヤツ
Hate:オレ様を認めないヤツ
Comment
*悪魔は地獄という日常に帰って、いつかの再会を待っている。*
【Battle_Log】
Line
おおむね絵に描いたような悪魔。
背負うは身の丈を超えるような大きなフォーク、天を向いた頭のツノ、人ならぬ色の肌にまとったぼろ布、尊大な態度。
悪魔らしく人の苦痛を好み、苦痛にあるものの元へ気紛れに訪れる。

その嗜好は肉体持つものの傷、飢え、病、死。
『得意なこと』はそのために天使に頭を下げて磨いた治癒術。
戦いに挑んだものをこの場へ呼び戻し、更なる血のために武器を押しつけて、
果てには島の地を踏んだ時花弁へと変わった自らの命すべてを祈り――己が祝福に変えて他者へ託し終えた悪魔は、こよなく愛する『肉持つゆえの苦痛』が溢れる島の結末を悠々と見守るつもりでいた。

が、
この死が満ちる島において、
悪魔――地獄に住まうものの負う、死後のものに出会う定めは重かった。
度重なる再会の願いを断り切れず、悪魔は自らが嫌ったブーケに頼って島を逃れていった。



・横柄で横暴、悪意あるRPをする場合があります
・押しかけてくる場合があります
・気に障った場合、Buddy申請等遠慮なくお断りください


 
交友録配達員(16)→仕事を依頼した。「この島に不幸を届けてくれ」と。
エリシア(221)→沼地から拾い上げて、指をやった。迷わずに悪魔さえ食ったのを見込んで、5日目の『放送』の後に連絡を取る。
 面白かったから、花弁――悪魔の祝福をすべてくれてやった。

しかしまさか、死ぬまで付き合うことになるたぁな。
14(99)→倒れていたところを拾って、生き返らせて、血をやった。堅物め。
---(13)→倒れていたところを拾った。何だか知らんが愉快なことになってる女だったな。ご同輩が見つかったようで何よりだったよ。
リーフォ(24)→幸せなヤツだ。あそこまでだと手の出しようもねえ。
クロウ(143)→鳥面の男。割と人のよさそうなヤツだな。
→腹に一物隠し持ってやがったな。食えねーヤツだ。
いの(247)→不幸そうな女。見てると楽しいぜ。
テゥミエレゥア(239)→通りすがりに話した後、蘇生ついでに武器をくれてやった。
 『退場』の間際に赤い花が欲しいと抜かしていたんで、手持ちの4輪全部くれてやった。ブーケにされるより、オレ様にとっちゃずっといい使い道だよ。
アル(25)→蘇生ついでに武器を渡して、見返りを得た。気前のいい女。わかってるじゃねぇか。
みんきゅう(111)→3回起こした。なんて甘ちゃんだ。オマエみたいな突っ込むヤツがいないと面白くない。
→結局、最後の最後で起こせねーとはな。言った通り、地獄に来たらオレ様が担当してやるよ。
カガチ(206)→悪魔に唆されて戦いに手を染めるその心を見込んで、助けてやることにした。オレ様の悪魔性を思い知るがいい。
→見送った。来世に期待しないで待ってんぜ。
メイプル(40)→起こした。すげえな、変わったヤツもいるもんだ。オマエの暴れっぷりに期待してるぜ。
クドリャフカ(90)→間違い電話かけちまった。ケッ、せいぜい幸せに過ごしやがれ!
C・クラウン(201)→互いの話を聞くって約束を果たした。アイツの方が先に『退場』食らったんで見送った。
オレ様の名においてオマエを呪ってやる、その生に絶えねぇ苦痛よあれ!!
"平和"屋(131)→武器をそこそこに卸した。随分便利に使わせてもらったぜ、それにしても「オマエ」まで売るとはな。