Line
No.70 座敷童子
main_img
age:12
sex:♂
height:138cm
weight:???kg
Trend:出来るだけ避ける
Favorite:友達ことが大好きなのじゃ
Hate:寂しくない、平気じゃよ
Comment
みんなのこと、たのんだぞ。
【Battle_Log】
Line

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

本名:不明

明るく無邪気で好奇心旺盛な少年の姿をした座敷童子。

おかっぱあたまにきつねのお面、赤い着物にながい帯の先は鈴。
ぷかぷか浮いていて、番傘は手を放してもぷかぷか。

現在はだれでもその姿を見ることができて、お話もできます。

一人称:わし
二人称:ぬし

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

関係


かずよ[68] 
学生をしながら運び屋さんもしているらしいのじゃ!すごいのう!わしもここでは運び屋さんなのじゃ!

めるてぃ[53]
ふわふわしているようで意外としっかりもののようじゃ!わしも見習いたいのう!

はるか[80]
いらぬと言ったのにお菓子をたくさんくれたのじゃ!まったくもーしょうがないやつじゃな~~~~!

いざや[182]
大きな鎌がかっこよかったのじゃ!でもわしにあまりびっくりせんかった、今度ゆっくりお話ししたいのう

ふぇーにゃ[104]
自分から来たわけじゃない者もおるんじゃなぁ、しかし様はちょっと恥ずかしいのう。
→接吻なんて初めてされたのじゃ…いやそれはともかくまさに命の恩人じゃよ!

"見出す者"えうれか[86]
"見出す者"ってなんじゃ!すっごい気になるのじゃ!かっこいいのじゃ!次会うのが楽しみじゃのう!

ふぇいりあ[188]
撫でられたのじゃ。えへへ、照れくさいけどうれしいのじゃ!また会えたらお話する約束もしたぞ!
→なにやら固い決意でこの島に来たようじゃな、フェイリアがフタハナになれるといいのう…

ぱらふ[132]
誕生日会、とっても楽しかったのじゃよ!人をともせばまた会えるのじゃから、もう泣かないのじゃ!

きぃ、あーしゃ、さらさ、けーぷ[43]
お誕生日おめでとうなのじゃ!ぬしらの願い、絶対にわすれないからのう!

とーます[45]、のいん[69]、めるてぃ[53]、なつご[133]、ぶーけ[97]、せら[83]、おーる[100]、くろう[143]
みんなでぜったいに無事送り届けるのじゃ!わしも一生懸命がんばるぞー!!!
→みんなのちからでぶーけがあつまったのじゃ!しかもわしとぶーけの誕生まで祝ってくれて幸せだったのじゃ

やさしい人[18]
お菓子しかもっとらんわしに探し物を譲ってくれたのじゃ!名前を聞きそびれてしまったのう…

ユウ[204]
わしと似た理由でこの島におるらしい、とっても心優しい者じゃったがちょっと自分に自信がなさすぎるのじゃ

ばるにか[165]
つーしんき越しでもいろいろ構ってくれた世話焼きお姉さんじゃ!でも女の子だったことにびっくりじゃった!

かなりあ[147]
くろうをますたあと呼ぶ者で手助けしてもらったのじゃ、美人さんじゃぞ!かなりあの友達第一号なのじゃよ!

管理人のひと[178]
温泉でも、あの…にゅるにゅるのときも、わしのことを気にかけてくれたのじゃ。もっと話したかったのう…。

すてら[38]
わしにもまだまだできることがあるんじゃな!できることから…!…でもぬしとももっと話したかったのう…。


・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

日記

〇月〇日

大切な友達が、わしのことが見えなくなって泣いておる。
大人になったってことじゃな!
泣いてくれるなんてでわしは幸せ者じゃな。

見えてなかったかもじゃが、一緒に泣いちゃったんじゃぞ。


〇月〇日

もう大人じゃもんな、鳥だって巣立つんじゃ。
わしは応援しておるぞ!がんばって幸せになるんじゃぞ!


〇月〇日

ととさまもかかさまも、いつも幸せそうでなによりじゃ。

でもやっぱり、ちょっぴり寂しいのじゃ。


〇月〇日

病に倒れるわけでもなく、ととさまもかかさまも旅立っていったのじゃ。
お別れはかなしいけど幸せそうなお顔じゃった。うむ。

…家に誰もいなくなってしまったのじゃ。


〇月〇日

家の取り壊しが決まったのじゃ、オンボロだったしの。仕方ないのじゃ。

家族がいない家にはあの子も帰ってくることもないのじゃろうな…お嫁さんじゃしな。
わしのこと、もう覚えてないんじゃろうか。わしの居場所はないんじゃろうか。

だれとも話せず、遊べず、ずーっとさびしいのじゃ…

さびしいのはつらいのじゃ


10月〇日

取り壊しの日、誰もいないこの家に手紙が届いたのじゃ。

招待状?


11月2日

この島に入ったら、生身の肉体を授かったのじゃ!
実体がないとずるいからのう…複雑な気持ちじゃが、やっぱりうれしいのう!

ツウシンキ?からいろんな人とお話しできて、大人もわしのことがわかるみたいじゃ!
もう寂しくないのじゃ!とっても幸せなのじゃ!

これからいろんな人の望みや幸せのお手伝いができればいいのう!

あとけえきも食べてみたいのう!


11月3日

森で様々の人とであったのじゃ、また会えるといいのう!

夜はお誕生会に遊びに行ったのじゃ!みんな楽しそうで、しあわせだったのじゃ!
こんな時間がずーーーーーーーっと続けばいいのにのう!
寂しさも不安もあの時だけは吹き飛んじゃったのじゃよ~やっぱり友達っていいのう!

そして、ぱらふのためにみんなが一致団結したのじゃ。
とーますの願い、絶対にかなえるのじゃ!幸せを運ぶのが座敷童子なのじゃ!


11月4日

ぱらふやとーますのためにみんながあちこち駆け回ったのじゃ
みんなの力が一つになれば三人分のぶーけなどあっという間じゃな!
わしもちゃんと力になれてよかったのじゃよ~

その晩、なんとぱらふの門出と一緒にわしとぶーけの誕生祝いをしてもらったのじゃ!
こんなに幸せなことってあるのじゃろうか!
眠るまでずーっとおしゃべりして、お菓子を食べて過ごしたのじゃよ!!!


11月5日

ぱらふたちは無事旅立てたようじゃ。本当によかったのじゃ。

わしにできること、まだあるじゃろうか?

そうじゃ!とーますのように脱出したい者や、脱落する者のために
もっとブーケを集めるのはどうじゃろうか!飛び回ることならできるのじゃ!

………

フタハナを目指すものの邪魔はしていないのじゃ
それでも、気に入らない者がいるのじゃな…

痛いのじゃ、苦しいのじゃ、どんどん冷たくなっていく…
わしはまた、独りぼっちにもどってしまうのか?


怖いのじゃ


11月06日

友達や命の恩人たちに、教わったのじゃ
わしにだってできることがあるんじゃ

みなが生き残るためのお菓子と
生きて帰るためのぶーけを集めること!

脱落者は日に日に増えていくのじゃ
休んでる暇なんてないのじゃ


一輪でも多く、お花を集めるのじゃ


たくさん、もっとたくさん


まだねむくない……ねむくない


みんなの幸せそうな顔が目に浮かぶようじゃよ!


たのしみじゃのう



たのしみじゃのう



………



・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

▼座敷童子の救いたいもの。




「ほぁ…?ありゃ、わしいつのまに寝とったんじゃあ……?
ほもぴえんの身体はすぐ疲れて不便じゃのう……」



「っていかんいかん!ブーケを集めんとな!」


寝ぼけながらも、いつものように通信機へ声を掛けます。



「お~い!今日も聞こえておるかのう!今日も頑張ろうな!」


反応がない。

気にも留めずみんな話してる、これじゃあ…。



「のうのう!聞こえておらんのか?……のう……なんで…また……独りぼっちに……」


通信機はどこだろう、あった。



「………脱落者、座敷童子。

みなに生きろと言われたのに…また会おうと約束したのに…破ってしまったのじゃな…」



「い…いざやが勝ったんじゃな!よかったのう!よかったのう!
他の者は…脱出できている者も多いのう!よかったのう…でも……そうかあ…」


たすからなかった人もいるんだ。

寝ている間に、全部終わってちゃったんだ。



「いざやは何を願ったのかのう……ふむむ、救う力。みんなのことを考えて、いざやはすごいのう。
いまわしが願えば、また身体が手に入って、みなと遊べるんじゃな」



でも




「……ぶーけを配ろうとしていた者が、
ぶーけを使って脱出した者を差し置いて、そんな権利をもらっていいのじゃろうか
わしの友達はみな、それぞれに願いをもっておって、脱出したために生きのびたものの、
しあわせにはなれんかったのじゃないか……?」



みんな真剣に、

命を懸けて、

しあわせのために戦ってたんだ



「わっ……わしは……わしは…」



生きたいって願えば

この島で出会ったみんなにまた会える。

またお誕生日会もできるし、

また撫でられたり、

また抱きしめられたり、

その……また接吻されたりできる。


できるけど


できるけど……



「わじは!どもだぢが、みんなじあわぜに、なっでぼじいのじゃ!!!

おこぼれの願いでどごまででぎるがわがらんが……!

わじのどもだぢの未来をずぐっでぼじいのじゃ!!!」



願ってしまった。

もうあの身体にはもどれない。

みんなの約束を

今度こそ踏みにじっちゃった。



そう思ったら、我慢できなくなっちゃった。



「あ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛!!!!

ご゛め゛ん゛な゛さ゛い゛な゛の゛じ゛ゃ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛!!!」



・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

▼願いの行方。


それからしばらくして。

落ち着けば、気づくと身体の中から、

力が溢れるのを感じた。


「救いの力、わしの力に乗せてみんなに贈るのじゃ。…みんなのこと、たのんだぞ。」


身体の中の力を外に出すと、暖かく光ます。

光は細かく分散していって、

小さな小さな座敷童子となってあちこちに飛んでいきました。




ある者には、共に歩む力となり


ある者には、癒しと未来の奇跡を


ある者には、いつか国を豊かにし


ある者には、生きる勇気を


ある者には、闇を照らす光を


ある者には、旅する手段を


ある者には、使命を護る力を


ある者には、日記いっぱいの幸せを


ある者は、未来の幸せを見せ


ある者たちは、再び再会を願った


・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

PLについて

・現在、決まった相手はいません。
 ご縁がありましたらお友達やバディになってあげてください!

・メタ的な発言やロールや動機の伴わないゲーム的な攻撃は苦手です。

・複数作品で流用しているキャラクターとの関係構築はお断りしています。※設定上の別人も含む

・R-18およびR-18G描写も問題ありません。

・ログの公開はすべてOKです。


そのほか質問、打ち合わせなどありましたらこちらまで

Twitter(ゆめまねねこ @umemaneneco)


・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・